弁護士紹介

刑事事件における豊富な経験と実績をもった,10名の弁護士があなたとあなたの大切な方をサポートします。

所属弁護士一覧

櫻井 光政(さくらい みつまさ)

肩書

桜丘法律事務所所長

経歴・経験

1982年弁護士登録 同年国選で幼児誘拐殺人事件控訴審受任(1審判決は死刑)同事件は,後に死刑弁護人として名をはせる安田好弘弁護士はじめ4人の弁護士の助力を得て1985年無期に減刑の判決を得る。身代金目的誘拐殺人事件の1審死刑が覆ったのは戦後初めてのケース。

以来,企業,個人の民事事件を中心に活動する一方でわが国の刑事司法の改善を提言し,弁護の質の向上に努める。

長年日弁連刑事弁護センターの委員を務め,2001年には日弁連司法改革調査室嘱託として被疑者国選弁護制度や裁判員裁判制度の策定に関与。

2008年には第二東京弁護士会裁判員裁判実施推進センター委員長として会員の裁判員裁判の技術向上に尽力する。

刑事弁護への取り組み方

えん罪を許さず安易な身体拘束を許さないことを活動の原則とし,厳しい弁護活動を行うことを信条としている一方,実際に罪を犯した人の改善更生にも力を注いでいる。

神山 啓史(かみやま ひろし)

メッセージ

人は過ちを犯します。しかし,人は変わります。その人が後悔し反省して更生するのであれば,もう一度仲間として社会に受け入れる文化を私たちは持っています。たしかに,更生するか,しないかは,将来のことでありわかりません。しかし,更生する可能性があればそれを信じて待つ。「死刑」が問題となるとき,そのように信じることが絶対にできないのかどうかを考えてください。私たちは,人が変わる「ドラマ」を知っているはずです。(村井敏邦・後藤貞人編「被告人の事情・弁護人の主張 ~裁判員になるあなたへ~」76頁 神山啓史談)

加藤 真美(かとう まみ)

経歴・経験

1997年弁護士登録。

手がけた事件数は少年事件,起訴前も含めて240件程度です。

殺人予備,強盗致死,強姦,傷害,暴行,業務上過失致死,道路交通法違反,公務執行妨害,威力業務妨害,詐欺,横領,窃盗,恐喝,売春防止法違反,職安法違反,組織犯罪処罰法違反,児童買春,有印私文書偽造,覚せい剤取締法違反,大麻取締法違反,出資法違反,弁護士法違反,わいせつ図画販売目的所持等。

刑事弁護への取り組み方

不当逮捕がなされても,勾留請求をさせない,または却下させる等に向けた活動をしてきました。

被害者のある犯罪では,被害者にも配慮することが弁護人の務めであると考えています。

被告人・受刑者の更生・社会復帰の手伝いもできる限りしています。

亀井 真紀(かめい まき)

経歴・経験

2001年弁護士登録。

弁護士1年目から桜丘法律事務所での先輩の指導の下,多くの刑事事件を担当してきました。

2003年から2005年まで北海道の紋別ひまわり基金法律事務所の所長として赴任しました。当時,紋別支部内では唯一の弁護士だったため管内の刑事事件ほぼ全てをひとりで担当していました。2年間の赴任中で担当したのは約40件です。

その後東京に戻ってからも国選・私選事件を多く手がけ,紋別時代と合わせて100件以上を担当しています。近年は裁判員裁判対象事件も積極的に受けるようにしています。

これまでに扱ってきた事件は,窃盗,詐欺,麻薬,覚せい剤,痴漢,自動車運転過失致傷,危険運転致傷,組織的犯罪処罰法違反,強盗致傷,殺人未遂,放火などです。少年や障害者の事件も多く担当してきました。また,逮捕前から上告審まで刑事手続きの様々な段階で関与をしてきています。

刑事弁護への取り組み方

被疑者・被告人の話を丁寧に聞くことに努め,冤罪や不当な身柄拘束を争うのはもちろん,釈放後・判決後の社会復帰や更正につながることを意識して活動しています。さらに,刑事事件では辛い立場にあるご家族や関係者の精神的なケア・サポートも重要だと考えています。

新谷 泰真(にいや やすまさ)

経歴・経験

2005年弁護士登録。桜丘法律事務所入所。

初めての刑事事件で勾留請求却下の結果を得て,刑事事件における弁護人の責任の重さとやりがいを実感して以来,多くの刑事弁護に携わってきた。

同年設立された,刑事弁護フォーラムの事務局として,各種例会や若手ゼミ,その他のイベントの企画準備を通して,刑事弁護の質の向上に協力した。

2007年,日本弁護士連合会の公設事務所である,宮古ひまわり基金法律事務所(岩手県)2代目所長として,岩手県宮古市に赴任。赴任当時,管内には国選弁護の引き受け手がいなかったため,任地の刑事事件をほぼ一手に引き受けて活動してきた。

任期満了に伴って2010年に桜丘法律事務所に復帰して以降は,日弁連日本司法支援センター対応室の嘱託として,国選弁護制度の発展拡大に関与すると共に,第二東京弁護士会の裁判員裁判実施推進センターの幹事として,会員の裁判員裁判技術の向上や裁判員制度の発展に力を注ぐ。

また,東京に戻ってからも,私選・国選を問わず,刑事弁護を手がけている。

これまでに手がけた刑事事件は,100件を超えた。

手がけた事件のうち,主な罪名は以下のとおりである。

公務執行妨害,建造物等以外放火,住居侵入,公文書偽造,公正証書原本不実記載等,偽造公文書行使等,私文書偽造等,偽造公文書行使等,強姦,強姦致傷,迷惑防止条例違反(痴漢等),収賄,殺人,傷害,暴行,危険運転致傷,自動車運転過失致死,自動車運転過失致傷,道路交通法違反,名誉毀損,威力業務妨害,窃盗,強盗,詐欺,恐喝,業務上横領,器物損壊,覚せい剤取締法違反,大麻取締法違反,麻薬取締法違反,麻薬取締法違反,商標法違反,労働基準法違反,東京都青少年の健全な育成に関する条例違反,児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反,組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反被告事件,金融機関等による顧客等の本人確認等及び預金口座等の不正な利用の防止に関する法律違反,公職選挙法違反,他。

刑事弁護への取り組み方

安易な身体拘束をさせない,冤罪を防止する,罪を犯した人も,早期の社会復帰ができるよう努力する,をモットーに,刑事弁護に力を注いでいる。

神山 昌子(かみやま まさこ)

経歴・経験

弁護士登録 2005年10月。

養成事務所を経て,旭川法テラススタッフ弁護士として,刑事弁護を多く担当。

主な事件は,嘱託殺人・殺人,児童虐待(傷害致死事件),殺人未遂事件ほか,窃盗,覚せい剤取締法違反,詐欺,横領,強制わいせつ,育成条例違反,ストーカー規制法違反。

第二東京弁護士会に所属以来,裁判員裁判委員会の幹事。

既に,扱った事件数は100件を超えている。

刑事弁護への取り組み方

華々しい経歴はないが,密かに刑事事件に情熱を持っており,依頼されて断ったことがない。累犯者で有罪と分かっている事件でも,被告人と真摯に向かい合うことを信条としている。

高木 良平(たかぎ りょうへい)

刑事弁護への取り組み方

2006年(平成18年)に弁護士登録をして以来,刑事弁護を中心に活動。被疑者・被告人やその家族に寄り添った弁護活動を信条とし,否認事件では共に戦い,自白事件では共に更生について考えることを大切にしております。また,被害者の方に対して二次被害にならないよう配慮し,かつ,できる限りの被害回復に尽力することも刑事弁護人の責務であると考えております。そして,当該事件のみならず,日本の刑事司法制度をより良いものとするべく,捜査機関や裁判所の活動をチェックすることもライフワークとしております。

経歴

具体的に取り扱った刑事事件は,現住建造物等放火,窃盗,強盗,詐欺,恐喝,業務上横領,強制わいせつ,集団強姦,傷害,業務上過失致死,未成年者略取,覚せい剤取締法違反等々,非常に多岐にわたります。その中でも特に印象に残ったものとしては,家を一棟全焼させた現住建造物等放火事件で,執行猶予になったものなどがあります。また,少年事件における付添人も多数担当しておりますが,幸いにして施設に行くことになった少年はこれまでいません。少年事件においては毎回審判の度に少年のみならず家族が生まれ変わる瞬間に立ち会うことで感動の涙を流しております。

石丸 文佳(いしまる ふみか)

経歴・経験

2007年弁護士登録(60期)

桜丘法律事務所で研鑽を積んだ後,2009年1月から3年間,長崎県五島市の法テラス五島法律事務所に所長として赴任。管轄内に2名しか弁護士が存在しない地域で,数多くの刑事事件に携わる。この間,無罪や不起訴を勝ち取り,また心神耗弱や再度の執行猶予を獲得した実績を持つ。

現在は古巣の桜丘法律事務所に戻り,日々被疑者及び被告人のための刑の減軽・身柄解放に尽力し,裁判員裁判対象事件も受任して活動範囲を拡大している。

師子角 允彬(ししかど のぶあき)

経歴等

1981年11月生まれ。

2004年3月 一橋大学法学部卒業(卒業生総代)

2006年3月 一橋大学大学院法学研究科法務専攻修了(修了生総代)

2007年12月 弁護士登録(第二東京弁護士会)桜丘法律事務所入所

2009年7月~2012年6月 日本司法支援センター常勤弁護士として法テラス佐世保法律事務所に赴任。殺人,殺人未遂,傷害致死,強盗傷人,強制わいせつなど地域で発生した多くの重大事件で弁護人を務める。

2012年7月より桜丘法律事務所に復帰。

現在,第二東京弁護士会裁判員裁判実施推進センター委員。

刑事弁護への思い

偶然が重なったことで罪を犯したと疑われてしまうことは珍しくありません。倫理や法を踏み外さないよう生きて行くのも決して簡単ではありません。罪を犯した人を目の前にした時,自分がアクリル板の向こう側にいないのは単に運が良かったからにすぎないと身につまされる思いをすることは多々あります。

冤罪を許さないため,罪を犯した経緯に迫るため,罪を犯した人の更生に必要なことを考えるため,人の声に謙虚に耳を傾けられる弁護士でありたいと思いながら刑事弁護を続けています。

桜丘法律事務所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-6 渋谷協栄ビル7階 TEL:03-3780-0991 / FAX:03-3780-0992
Copyright(c) 2013 Sakuragaoka Law Office All Rights Reserved. 弁護士 神山啓史(第二東京弁護士会)